TSUKURU HACK LABORATORY | studio:ex-presso

濃厚ブランド豚が薫り高い「豚バル ピッグテイル」の黒ビール豚野菜カレー

濃厚ブランド豚が薫り高い「豚バル ピッグテイル」の黒ビール豚野菜カレー

神保町カレー部の久々更新。本日は会社からすぐ近く、豚バル ピッグテイルの豚肉づくしを味わってまいります。

濃厚ブランド豚が薫り高い「豚バル ピッグテイル」の黒ビール豚野菜カレー

カレー部には肉食女子が多く、じつはこちらピッグテイルの黒ビール豚カレーは以前から人気、で是非食べに行きたいとのリクエストNo.1でした。タイミングを逸ししばらく食べに行けておりませんでしたが、あらためて本日会社からほど近くのピッグテイルさんに伺います。

お店は御茶ノ水駅から明治大学を通り過ぎ靖国通りのちょっと手前、エチオピアのあるブロックの角にあります。建物3階でちょっと控えめな看板。ちなみに4階にはこちらもカレーグランプリ参加店のHINAYA-YAがあります。急な階段をワクワクしながら登ります。

豚のオブジェがお出迎え。「豚肉料理とワインのウェスタン酒場」の名前の通り、店内はテキサス風漂うアメリカ南部テイストのお店。オーナーさん曰く、テキサスには行ったことがなくあくまでも「イメージ」だそう。いい感じです。

夜メニューにはBBQリブなどもありますが、ランチの基本はこれらカレーがメイン。基本的には豚肉をメインとしたカレーが並びます。その他にはタコライスなども提供されます。基本は「黒ビール豚カレー」と名物の「豚フィレフォアグラカレー」でしょうか。本日は「黒ビール豚野菜カレー」をお願いしました。

軽く焦げ目を付けたパプリカと茄子が大盛りの豚野菜カレー。スタンダードの「黒ビール豚カレー」の豚肉を半分に、野菜が盛られている状態とのこと。ランチはすべてサイドにシーザーサラダが付きます。

ルーは基本的に欧風テイスト。一口目からほんのりとした甘さが広がります。食べ進めていくうちにかなりしっかりとした香辛料の辛さが襲ってきます。これはチリの辛さだろうか。食べごたえ・しっかりとした歯ごたえのある野菜の説得力がとても強いです。茄子、旨いですね。ルーにしっかりマッチしています。

豚肉はブランド豚「富士ヶ嶺ポーク」を使われているそうです。しっかりとした甘みと風味のある美味しい豚肉です。これはなかなか味わえない感じ、旨いです。

女子チームのメンバーは迷わずフォアグラカレーを注文してましたが、この欧風ルーにしっかり合うだろうなぁ。欧風でありながらもあまり重くなく、爽やかな味にこってりとしたフォアグラはとても合うと思います。

是非夜メニューにも挑戦してみたいと思わせる素敵なお店でした。13時過ぎの来店でしたがライス切れで我々の次のお客さんは入店できませんでした。ランチには気持ち早めの来店がオススメかと思います。

「豚バル ピッグテイル」の黒ビール豚野菜カレー #神田カレーグランプリ #カレー #curry #飯テロ

豚バル ピッグテイル‐PigTail‐ 神保町

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-10 振天堂ビル3F
050-3469-5007
営業時間:月・火・木~日・祝前日
ディナー・バー 18:05~24:00
(L.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)
月・火・木・金:ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
定休日:水曜日、第3日曜日、祝日、年末年始、夏期休暇

広告制作ディレクター & サウンドデザイナー。広告制作の傍ら、Ko ASHIDA・rudimentary echo・sizk名義などで楽曲制作・インタラクティブメディア制作を行っています。とにかくなんでも「つくる」のが大好き。音楽・料理・DIYなど思いついたものをどんどん作ってます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です